お葬式の正しいマナーとは?葬儀社の選び方や費用相場などの葬儀に関する情報をご紹介します

このサイトでは、お葬式の正しいマナーをはじめ葬儀社にまつわる情報をお伝えします。
業者の選び方や費用に関する疑問なども分かりやすく解説します。
費用の相場を知りたい人も必見です。
さらに気になるのが、宗派に関する点でしょう。
弔問に行くものの、宗教上のマナーについて分からないと悩む人も多いのではないでしょうか。
服装についても常識を説明しますので、正しいマナーを理解して遺族の方に失礼のないように参列したいものです。

お葬式の正しいマナーとは?葬儀社の選び方や費用相場などの葬儀に関する情報をご紹介します

葬儀のマナーとして、告別式に行くときに仏教の場合は数珠を用意する必要があります。
宗派によって数珠は異なりますが、葬儀の場合は特に気にしなくてもかまいません。
どの宗派でも使える略式数珠を持っておくと安心です。
また数珠は貸し借りするのはマナー違反とされています。
できるだけ自分用を持参するようにしましょう。
合掌のとき以外は左手首にかけておきます。
椅子や床に置くとうっかり置き忘れることがあるので注意が必要です。

葬儀のやり方は宗教や宗派によって異なる

人間は生まれた以上、必ずある日突然お迎えが来ます。
そのお迎えとは天の神様が天国に導くことであり、端的に言うと死を意味します。
人間が亡くなると遺族は葬儀の手配をしなければなりません。
きちんと葬式を行わないと、魂は成仏されず天国に行くことができないからなのです。
葬儀と一言にいっても、それが宗教宗派によって大きく異なるんです。
キリスト教であると、仏教の葬式のように焼香などはありません。
白い花を手向け、故人を悼みお別れするのです。
仏教以外の新興宗教を信じていた人も、まったく仏教とは異なる方法で葬式が執り行われるのです。
信者だけが集合し、その新興宗教の経典や教えにのっとってお別れの会をすることもあるので、信者でない人はその葬儀に参列できないということも珍しくありません。
また宗教や宗派に一切拘らず、それらを完全に排除したオリジナルの手作り感のある葬式を行う人もいます。
好きなモノや人、音楽に囲まれながら参列者が歓談し笑いのある葬儀をする人もいるんです。

日本での葬儀は仏教式が主流となっている

日本での葬儀は仏教式が主流となっています。
簡単に言えばお寺さんというかお坊さんに来てもらってお経をあげてもらうお葬式だと考えて間違いありません。
お葬式と並んで人生での重要な儀式に結婚式が挙げられることがあり、こちらは仏教式というのはほぼ皆無で、人前式かキリスト教式、あるいは神前式くらいに集約されるであろうことを考えた場合に、文化として何か不思議な気がするかもしれませんが、事実として葬儀は仏式が多く、他には生前にクリスチャンであった人がキリスト教式を選択するくらいのものでしょう。
日本人は無宗教の人が多いといわれる一方で、海外から見るとほぼ8割方が仏教だとみなされる理由の一つはここにあると考えられます。
仏教の中でも数多くの宗派があって、それに応じてお葬式の進行も変わってくる実態があります。
ただ、最近では価値観の多様化に伴って、必ずしも既存の宗教ではなく無宗教の形式でのお葬式も若干増えつつあるのが現状のようです。

菩提寺がない場合の葬儀の宗派の決め方

人間は例外なく誰でもいずれは生命が終わってしまい、その際に遺族によって葬儀が執り行われます。
その際に菩提寺を持たないケースは近年になって増加傾向にありますが、これは出生地とは別の場所に定着していることが大きな理由であり、その場合は新たな菩提寺を探す必要があります。
葬儀に関しては宗派に関係なく業者に依頼すれば行ってもらえますが、以後の法要なども考えるとどこかの寺社の檀家になっている方がメリットがあるでしょう。
日本は世界的に見ても数多くの宗教を取り入れやすい環境にあり、基本的には対象者が希望する宗派を選択することができます。
ただし、一度でも執り行った葬儀の宗派を他の関係者では別のものにするというのは心理的に問題があるので、選ぶ際には慎重に精査しなければいけません。
また、檀家については現在の居住地にある寺社の中から選択をして、後はそこの代表者に事情を説明して正式な手続きを行なえば菩提寺になってもらえるので、まずは相談してみてください。
葬儀は一度だけでなく定期的に行わなければいけなくなりますが、その形式や内容については知識不足な人が多くなっています。
いつ自分が法要を行う側になるかもしれなすのですから、事前にその準備だけは済ませておくことが大切です。

無宗教の葬儀はどんな風に行うのか

最近では無宗教の葬儀も増えつつありますが、たまに誤解があるのですが無宗教というのは単に特定の宗教にとらわれないという意味であって、必ずしも神とか仏の存在を完全に否定しているわけではありません。
そのような人もいますがそれは無神論と呼ばれ、無宗教とは区別されます。
無宗教の葬儀は結局のところ既存の宗教の慣習にとらわれる必要が無いということでもあり、納骨までの一連の流れについて自分たちというか故人の考えをくみつつ自由に行えることにメリットがあります。
決して、死者を悼む気持ちがないというわけではありませんので、例えば読経や焼香など仏式の物事は行わなくても黙とうをささげるとか、献花を行うようなことはごく一般的です。
自由に行える分だけ、逆にどうして良いかよく分からないということはあるかもしれませんし、親族や参列者から違和感を覚えられてしまうというデメリットもあるかもしれませんので、十分に検討してからにしましょう。

葬儀に関する情報サイト
お葬式のマナーについて知ろう

このサイトでは、お葬式の正しいマナーをはじめ葬儀社にまつわる情報をお伝えします。業者の選び方や費用に関する疑問なども分かりやすく解説します。費用の相場を知りたい人も必見です。さらに気になるのが、宗派に関する点でしょう。弔問に行くものの、宗教上のマナーについて分からないと悩む人も多いのではないでしょうか。服装についても常識を説明しますので、正しいマナーを理解して遺族の方に失礼のないように参列したいものです。

Search