お葬式の正しいマナーとは?葬儀社の選び方や費用相場などの葬儀に関する情報をご紹介します

このサイトでは、お葬式の正しいマナーをはじめ葬儀社にまつわる情報をお伝えします。
業者の選び方や費用に関する疑問なども分かりやすく解説します。
費用の相場を知りたい人も必見です。
さらに気になるのが、宗派に関する点でしょう。
弔問に行くものの、宗教上のマナーについて分からないと悩む人も多いのではないでしょうか。
服装についても常識を説明しますので、正しいマナーを理解して遺族の方に失礼のないように参列したいものです。

お葬式の正しいマナーとは?葬儀社の選び方や費用相場などの葬儀に関する情報をご紹介します

葬儀のマナーとして、告別式に行くときに仏教の場合は数珠を用意する必要があります。
宗派によって数珠は異なりますが、葬儀の場合は特に気にしなくてもかまいません。
どの宗派でも使える略式数珠を持っておくと安心です。
また数珠は貸し借りするのはマナー違反とされています。
できるだけ自分用を持参するようにしましょう。
合掌のとき以外は左手首にかけておきます。
椅子や床に置くとうっかり置き忘れることがあるので注意が必要です。

葬儀のやり方は宗教や宗派によって異なる

人間は生まれた以上、必ずある日突然お迎えが来ます。
そのお迎えとは天の神様が天国に導くことであり、端的に言うと死を意味します。
人間が亡くなると遺族は葬儀の手配をしなければなりません。
きちんと葬式を行わないと、魂は成仏されず天国に行くことができないからなのです。
葬儀と一言にいっても、それが宗教宗派によって大きく異なるんです。
キリスト教であると、仏教の葬式のように焼香などはありません。
白い花を手向け、故人を悼みお別れするのです。
仏教以外の新興宗教を信じていた人も、まったく仏教とは異なる方法で葬式が執り行われるのです。
信者だけが集合し、その新興宗教の経典や教えにのっとってお別れの会をすることもあるので、信者でない人はその葬儀に参列できないということも珍しくありません。
また宗教や宗派に一切拘らず、それらを完全に排除したオリジナルの手作り感のある葬式を行う人もいます。
好きなモノや人、音楽に囲まれながら参列者が歓談し笑いのある葬儀をする人もいるんです。

日本での葬儀は仏教式が主流となっている

日本での葬儀は仏教式が主流となっています。
簡単に言えばお寺さんというかお坊さんに来てもらってお経をあげてもらうお葬式だと考えて間違いありません。
お葬式と並んで人生での重要な儀式に結婚式が挙げられることがあり、こちらは仏教式というのはほぼ皆無で、人前式かキリスト教式、あるいは神前式くらいに集約されるであろうことを考えた場合に、文化として何か不思議な気がするかもしれませんが、事実として葬儀は仏式が多く、他には生前にクリスチャンであった人がキリスト教式を選択するくらいのものでしょう。
日本人は無宗教の人が多いといわれる一方で、海外から見るとほぼ8割方が仏教だとみなされる理由の一つはここにあると考えられます。
仏教の中でも数多くの宗派があって、それに応じてお葬式の進行も変わってくる実態があります。
ただ、最近では価値観の多様化に伴って、必ずしも既存の宗教ではなく無宗教の形式でのお葬式も若干増えつつあるのが現状のようです。

菩提寺がない場合の葬儀の宗派の決め方

人間は例外なく誰でもいずれは生命が終わってしまい、その際に遺族によって葬儀が執り行われます。
その際に菩提寺を持たないケースは近年になって増加傾向にありますが、これは出生地とは別の場所に定着していることが大きな理由であり、その場合は新たな菩提寺を探す必要があります。
葬儀に関しては宗派に関係なく業者に依頼すれば行ってもらえますが、以後の法要なども考えるとどこかの寺社の檀家になっている方がメリットがあるでしょう。
日本は世界的に見ても数多くの宗教を取り入れやすい環境にあり、基本的には対象者が希望する宗派を選択することができます。
ただし、一度でも執り行った葬儀の宗派を他の関係者では別のものにするというのは心理的に問題があるので、選ぶ際には慎重に精査しなければいけません。
また、檀家については現在の居住地にある寺社の中から選択をして、後はそこの代表者に事情を説明して正式な手続きを行なえば菩提寺になってもらえるので、まずは相談してみてください。
葬儀は一度だけでなく定期的に行わなければいけなくなりますが、その形式や内容については知識不足な人が多くなっています。
いつ自分が法要を行う側になるかもしれなすのですから、事前にその準備だけは済ませておくことが大切です。

無宗教の葬儀はどんな風に行うのか

最近では無宗教の葬儀も増えつつありますが、たまに誤解があるのですが無宗教というのは単に特定の宗教にとらわれないという意味であって、必ずしも神とか仏の存在を完全に否定しているわけではありません。
そのような人もいますがそれは無神論と呼ばれ、無宗教とは区別されます。
無宗教の葬儀は結局のところ既存の宗教の慣習にとらわれる必要が無いということでもあり、納骨までの一連の流れについて自分たちというか故人の考えをくみつつ自由に行えることにメリットがあります。
決して、死者を悼む気持ちがないというわけではありませんので、例えば読経や焼香など仏式の物事は行わなくても黙とうをささげるとか、献花を行うようなことはごく一般的です。
自由に行える分だけ、逆にどうして良いかよく分からないということはあるかもしれませんし、親族や参列者から違和感を覚えられてしまうというデメリットもあるかもしれませんので、十分に検討してからにしましょう。

葬儀社スタッフの対応力をチェックしておく

"家族が亡くなってしまうと悲しみに溢れてしまうようなことも珍しくありませんが、基本的には早めに供養をしないといけないです。日本では法律などで決められた期間内に火葬などをしないといけないようなルールがありますから、遺体を放置してしまうようなことをすると逮捕されてしまうこともあります。そのため早めに葬儀社に連絡をしないといけませんが、実際にサービスを利用する場所で後悔してしまうような人も少なくないです。一般的には丁寧に対応してくれないことで不快な気持ちになってしまうような人が多いので、電話などの対応で丁寧に話してくれないようなところは利用を控えたほうがいいかもしれません。電話の対応が悪いということは基本的にサービスの内容も悪くなってしまうようなリスクがありますから、最初からサービスの利用を控えておいたほうが安心できます。サポートが充実している葬儀社で故人を供養することができれば、遺族だけでなく故人も喜んでくれる可能性が高いです。

葬儀社を選ぶ際には支払いの期日や方法も要確認

人はある日突然亡くなってしまうものです。昨日まで一緒に問題なく食事していても、健康で病気しらずの人でも事故や突然の病気などでなくなることも多々あるんです。亡くなった本人も明日死んでしまうとは予想だにせず、自分の葬式や埋葬についてあらかじめしておく人も少ないと言えます。そこで遺族が慌てて葬式や告別式の準備や段取りを行うのがほとんどです。葬儀社を選定する際には初めてのことで、どこを選べばいいのか困惑します。この場合、ネットの口コミサイトを参考にしたり一括見積サイトで複数社選んで、相見積もりを取ってから選定していくと間違いがありません。そして葬儀業者を選ぶ際には、見積内容をよく確認したり、追加料金がかからないかの確認の他決済方法についても確認が必要です。前払いであると蓄えがなく一括で支払えない遺族も多いでしょう。この場合葬儀後の後払いで、カード決済や分割、ローンが使えるかなども確認が必要になってきます。

葬儀社へ依頼する場合の相場はどのくらい?

人が亡くなると必ず葬式や通夜を行い、早期に埋葬してあげることが大事です。人が亡くなるとその腐敗のスピードも速く適切に火葬しなければなりません。またセレモニーをすることで遺族の心に区切りがつき、公にも亡くなったことを知らしめることができるようになります。葬式は一般的に葬儀社に依頼し、一般葬や家族葬、直葬の中から選択し執り行うことになるんです。葬儀の料金は会場の規模や、棺や祭壇の形式に強化の種類などによって大きく変わってきます。一般葬という大規模な会場を抑えた場合では、100万円前後が相場になります。家族葬であると一般葬の三分の一程度の費用で済むのです。全国的には30万円前後が平均的だと言われます。家族葬であると少人数の葬式になるのでそれほど大きな会場を抑える必要はありません。それゆえこうした安い値段で葬式が執り行えるわけです。直葬になると火葬場で簡単な読経とお別れをするので会場を抑える必要もなく、その値段は15万円程度と言われます。

葬儀でいただいた香典のお返しの相場はいくら?

葬儀で頂いた香典の返礼ですが、基本的には三分の一から半額程度が相場とされています。1万円の香典を頂いたのであれば5千円程度が目安ということで、高額の場合には半額でなくても三分の一程度で良いとされます。ただ全て個別対応は難しいかもしれませんので、金額別に3種類くらいを考えておいても良いです。身内とか親族の場合には高額の香典を頂くこともあるでしょうが、これは扶助の意味合いが強いですので、お返しの金額にこだわる必要はなく、場合によっては三分の一以下であっても特に失礼には当たりません。基本的には忌明けから1か月以内を目処としますが、時として葬儀のその場でお返しを渡すケースもあります。この場合には金額を確かめた上で半額程度の品物を選ぶようなことはほぼ不可能ですので、全員に同じものを渡すことになります。その上で、ある程度高額の香典を頂いた人に対してのみ、忌明けにいわば不足している部分に相当する金額の返礼品を改めて届けるようなことになるでしょう。

葬儀で香典返しを渡すタイミングはいつがベスト?

"葬儀で香典返しを渡すタイミングですが、一般的には忌明けから1ヵ月以内、できれば忌明けの後の早いうちにとされていることが多いようです。日本人に多い仏式の葬儀の場合、忌明けは四十九日とされますので、その後の早いうちにと覚えておけば間違いはありません。本来は相手の自宅に訪問して手渡しですが、お互いに忙しい今の時代にそのようなことも言っていられませんので、郵送がむしろ当たり前になっています。 ところで、香典返しの事例の中には、葬儀の当日に渡すケースもあります。つまり香典を受け取ることを予め想定し、その場でお返しを渡すというやり方です。香典返しは基本的には頂いた金額の半額程度とされますが、当日返しの場合は香典の中身をチェックしてその半額を返すというようなことはマナー的にも不可能ですので、全員共通のものとなります。事前に用意しておけますので葬儀後に慌てる心配がない一方、想定以上の香典を頂いた人にはやはり追加で返すことを考える必要が生じたりします。"

葬儀に関する情報サイト
お葬式のマナーについて知ろう

このサイトでは、お葬式の正しいマナーをはじめ葬儀社にまつわる情報をお伝えします。業者の選び方や費用に関する疑問なども分かりやすく解説します。費用の相場を知りたい人も必見です。さらに気になるのが、宗派に関する点でしょう。弔問に行くものの、宗教上のマナーについて分からないと悩む人も多いのではないでしょうか。服装についても常識を説明しますので、正しいマナーを理解して遺族の方に失礼のないように参列したいものです。

Search